« 京都、伏見の旅(3)・・・大文字山(七福思案処~銀閣寺) | トップページ | 京都 伏見の旅(5)・・・十石舟で川下り »

2012/06/05

京都 伏見の旅(4)・・・伏見名水スタンプラリー

京都市は地下に琵琶湖ほどの水瓶があって、おいしい水が湧くのだということです。タイトルのスタンプラリーは毎年恒例のようですが、私はたまたま中書島駅で降りて知りました。伏見の11箇所の名水を巡るもので、モデルコースは約12km。素通りパスで3時間かかるわけです。
P1040017

今回は、大文字山のあと、友人に会う14時までの間でチャレンジしました。

大文字山を下りてからは出町柳までバスで移動、京阪電車に乗り、墨染駅で下りました。名水その1は藤森神社です。実は墨染駅の一つ手前の藤森駅で下りてしまい、地図と様子が違うので慌てて次の電車を待ったのですが、藤森神社は二つの駅のちょうど中程でした。そんな無駄な一駅乗車があり、ラリースタートは11時過ぎ。このあと友人たちとの待ち合わせは、ゴールになっている中書島駅に14時ですから、ちょっと苦しい残り時間です。

P1030799
いい雰囲気の街道を歩き、①藤森神社へ。
P1030794

ここは「菖蒲の節句発祥の地」だそうです。

P1030790

石造りの鳥居は1711年の物。

南の鳥居から入って西の鳥居から出、墨染駅前に戻り、西に向かいます。

路傍のお地蔵様。
P1030806

お顔のアップ。
P1030805

この手のお地蔵さんが多いです。
P1030808

近藤勇遭難の地がある、料亭清和荘が第②地点です。

「清和の井」、紙コップでいただきます。

P1030812

まろやかです。お料理はちょっと高いのでパスです。

城南宮に続く道をまっすぐ西に向かいます。

P1030815


名古屋では昔そこら中にあった「かしわ」屋さん。玉子の仕分けでもしているのか、店内ではお婆ちゃまがお仕事中。

名神につながる広い国道を渡ります。スタンプラリーの雰囲気とは違うな~と思いますが、「城南参詣道」の碑と向こうに見える山で、遙かな昔を思ってみます。
P1030817

P1030818

と、こんな土建業の寮があったり、
P1030821

茄子畑とマンションだったり、

P1030823

コニカミノルタ、ワコール、京セラだったり・・・
もうごった煮です。

P1030826

ようやく城南宮に到着。広い境内を一回りしてきます。

さて、3ポイント回ったところですでに1時間経過。実は清和荘あたりですでに膝に来ていた+靴がやっぱり当たって痛い(まだ慣らし中の革製登山靴)+いい加減腹ぺこ、という三重苦に加え、城南宮前には数台のタクシーが待機していたため、ほとんど迷わず乗り込みました。③から④への移動が、このラリー最大の長距離なのです。

楽ちんに移動して、④キンシ正宗に到着。
P1030834

「キンシ」は「金鴟」だったと、初めて知りました。工場も売り場も休みなので、次行きます。そろそろ何か食べなくちゃと思いますが、何もありません。

P1030840

P1030841

マンションやビルに組み込まれたお地蔵さん(じゃないかもしれないけど)が、街の歴史を感じさせます。

P1030845


⑤大黒寺です。
P1030847
金運清水、飲みます。
P1030848

草花に隙間を埋められたお地蔵さんたち。

毛利橋通りに出ます。一角全部が一軒だった邸宅が生まれ変わったと思えるマンション、れんが造りの酒蔵、大きな門のある梅の花(名古屋の店はみんなビルの中)の先に、チーズケーキの店がありました。どうしようもなく腹ぺこだったので、これを昼食とすることにします。

P1030856

ニューヨークチーズケーキ(だったかな)。コーヒーはなみなみと注ぐことになっているんだそうです。
P1030854

ひとときの休憩後、後半に行きます。

京阪電車の踏切、近鉄の高架をくぐって、⑥御香宮神社に到着。
P1030857

お馬の神様?
P1030860
そういえば、藤森神社、乃木神社にも馬がいました。確率高いような気がします。

P1030863

天然記念物のソテツ。400年前に植えられたようですが、元気いっぱいの感じです。しかも冬場にも被いなしで生きているそうです。

P1030866

御香水。伏見でいちばんおいしい水とか・・・
P1030872

境内を南に突っ切って、⑦乃木神社に向かいます。早歩きして10分ほどで到着します。
P1030876

ここは日露戦争の軍人たちの慰霊の地のようです。
P1030879

乃木神社の北は伏見桃山陵です。
P1030884

そこにつながる静かな道です。

ふたたびJRの線路を渡ります。

P1030885a

引き込み線に鉄ちゃんが好きそうな車両があるのですが、行きも帰りもカメラを向けると警報が鳴り始めてうまく撮れませんでした。

P1030886

線路脇の民家の前にあった蛙。でかい置物・・・

P1030888

京阪電車伏見桃山駅の踏切です。向こうは大手筋商店街。なるほど、昨日の鳥せいのお客さんたちは、この駅から来てたんだな。

商店街をちょっと入れば昨日の界隈です。

P1030889

会津藩駐屯地跡。

⑨キザクラカッパカントリー。
P1030892

ここは後で来ることになっているのでスタンプ押すだけです。

⑧鳥せい本店は昨夜押してあります。
P1030663

⑩月桂冠大蔵記念館。
P1030895

⑪長建寺。
P1030899

長建寺の閼伽水(あかすい)。
P1030903

ゴールの中書島駅には14時5分くらい前に到着しました。
P1040016

スタンプ11個収集! 先着1500名様進呈の特製きき酒用猪口、キャンペーンも終盤なのでもうないかと思ったら、ありました。
P1040015

それにしても脚がくたびれたこと! 大文字山なしなら、ゆっくり歩いて楽しめるコースでしょう。
Photo


伏見の名水について詳しくレポートしていらっしゃる方のサイトをどうぞ。→名水の地・伏見をめぐる「伏見名水スタンプラリー」

« 京都、伏見の旅(3)・・・大文字山(七福思案処~銀閣寺) | トップページ | 京都 伏見の旅(5)・・・十石舟で川下り »

おでかけ」カテゴリの記事

建造物」カテゴリの記事

飲み食い」カテゴリの記事

コメント

スタンプラリーの詳しいレポート有難うございます。
さすがにのびねこさんはアクティブですね。
伏見界隈を満喫されているご様子で何よりです。
黄桜カッパカウントリーでの地ビールは運動をされていたので
随分美味だったと思います。
いよいよ小生の塾へのご参加第二弾は来週の火曜日です。
よろしくお願いします。

おつかれさまでした。
昨日、株式会社M様にお邪魔して、またお話を詰めてきました。

それにしても、伏見歩いて、また今日は大阪…
なんか、このところ関西づいていますね。
足腰が弱るヒマがありませんね、nobinekoさんは。

伏見は10年ほど前にくまなく取材して歩いていますが、
水だけに注目しては歩いてなかったなぁ…

城南宮は、地下水脈の神様ですから、古いしきたりを知る京都市民は
自宅の水回りの改修や井戸を埋めるときなどは、必ず城南宮から
禰宜さんを呼んでお祓いをしてもらっていますよ。

またお地蔵さんは、8月末の地蔵盆のときに綺麗にしますが、
最近では、あのような塗り塗り地蔵が増えていますね。
信州の双体道祖神も、カラーリングされるケースが増えて、
昔の情趣を撮りたいカメラマンの憤激を買っています(笑)

もう一人の講師Mさん
お酒の前に運動を…が、ついくたびれるほど運動してしまい
いきすぎでした。
来週はツタンカーメンが延長になったので
午後からそれを見て、と思っています。

naoさん
さすがに京都を知ったるnaoさん
城南宮、お地蔵さん事情、納得です。

伏見の水の飲み比べの旅、良さそうです。
味ではわかりにくいので、
phとか数値にできるもので名水を比較するなら面白そう。
あるいは人じゃなく猫に味見させるとか。
猫は軟水はいいけど、硬水はNGですからね。

M社さん、よろしくです。

再度調べますと三十石船は10月6日からでした。
紅葉の京都も絶品です。
11月中旬以降で伏見以外も組み込んで企画しますので
是非ご一緒してくださいませ。
よろしくお願いします。

もう一人の講師Mさん
三十石船、11月18日で終わりなので
雪景色にも紅葉にも会えませんね。
来年の春、桜の頃というのはどうでしょう?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/54884233

この記事へのトラックバック一覧です: 京都 伏見の旅(4)・・・伏見名水スタンプラリー:

« 京都、伏見の旅(3)・・・大文字山(七福思案処~銀閣寺) | トップページ | 京都 伏見の旅(5)・・・十石舟で川下り »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ