« ツタンカーメン展~黄金の秘宝と少年王の真実~ | トップページ | せせらぎ街道ツー »

2012/08/30

初秋の戸倉山

仕事の予定が一つもない日ができたので、急遽山に行くことにしました。5月に大文字山に行って以来です。この間、好日山荘で靴慣らしの相談をし、厚めの靴下を買ってありました。靴下と靴の履き方のお試しも兼ねてですから、やはり軽めのコースを選びます。
7時前に名古屋高速に乗り、目指すは駒ヶ根。かつては地図とにらめっこしながら登山口を目指したものですが、iPadを買ってからは楽になったものです。

蕎麦畑の間を抜けて、10時前に戸倉山キャンプ場に到着。誰にも会いません。標高1000mほどですが、やはりそれなりに暑く、スタートは半袖シャツにベストです。
Tokurayama_002

ここのキャンプ場はこじんまりしていて、なかなかよそさそうです。動物よけなのでしょう、電柵で囲まれており、その柵に沿って登り、すぐに右に折れて唐松の林に入ります。
Tokurayama_012

松ぼっくりがたくさん落ちている道を、ジグザグに登っていきます。
Tokurayama_031

一休みしたい30分後にちょうどベンチがありました。脇に大きな松の木があり、ガイドブックでいう「二本松」地点と思われますが、もう一本が見あたりません。
Tokurayama_018


「三つ葉ツツジ」です。Tokurayama_025

珍しいのかもしれません。

また15分登ると、昔ここに馬をつないだという「馬止めの松」が。ベンチもあるのでまた休憩です。
Tokurayama_026

唐松の中にブナやトチノキ、楓、リョウブなども混じっています。
Tokurayama_015

小さな栗のいがが落ちていたり、大きなキノコが生えていたりします。萩の花も咲いています。すでに秋が来ています。黄葉の季節はいちだんと素敵な森になりそうだと思います。

Tokurayama_114

さらに30分ほどで主尾根に出、白樺なども目立ってきます。長野県の雑木の山はほんとにいい。

Tokurayama_033

キャンプ場から1時間半、6合目には中央アルプス、北アルプスを眺める3段のベンチがあります。
Tokurayama_045
山には雲がかかっていましたが、すっきり見えれば気持ちのいい休憩所です。
お腹も空いたのでここでおにぎり1個です。風が涼しくて、食べ終わる頃には鳥肌立ってきました。

この先は1合ごとに標識があります。滝への分岐を超え、7号目からはまた少し登りがきつくなり、途中の平坦地に東屋と「金命水」があります。
Tokurayama_069

東屋の屋根の下には鍋や焼き網が置いてあり、ここでデイキャンプする人がいるのかもしれません。
Tokurayama_066

ただ残念なことに麓で原虫が検出されたそうで、金命水は生で飲んではいけなくなっていました。

Tokurayama_063

Tokurayama_061

8合目からは登山道に石がありますが、たいしたことはありません。東屋から30分で西峰頂上です。

Tokurayama_087

今日はアルプスに雲がかかっています。そうでない日なら素敵でしょう。北・中央・南の3アルプスが見えるはずです。大きなトンボと蝶が飛び回っていました。
Tokurayama_098
核廃絶の碑もあります。

しばし休憩の後、東峰を目指します。一旦下ったところに避難小屋があり、その先登り返すと東峰です。聖武天皇の頃行基さんがここに薬師如来を置いたそうで、これは平成14年の作です。つま(配偶者)のいない人にいいつまが来るという御利益があるそうです。
Tokurayama_103

三角点はこちらにあります。
Tokurayama_105

下山は来た道を戻りました。ゆっくり歩いたので、ガイドブックで3時間とあったところ、5時間かかりました。ただ、いつもの膝痛が出ませんでした。

Tokurayama_136

蕎麦畑の間を抜けて下りていくと、来るときには気づかなかった素敵な屋敷。

Tokurayama_143

江戸時代の建築、旧木下家住宅です。サルスベリの咲く今頃がきっといちばんいい時期だと思います。

そのまま直帰も悲しいので県道を逆方向へ走って152号線へ抜け、分杭峠をチラ見してUターン、長谷村への途中で戸倉山の全体像を探しました。

Tokurayama_1541

たまたま車を駐めたところで地図を見たら、まさに戸倉山の麓でした。ツインピークがはっきり見えます。戸倉山の別名「伊那富士」に見えるのはどのあたりからなのでしょうか。

« ツタンカーメン展~黄金の秘宝と少年王の真実~ | トップページ | せせらぎ街道ツー »

」カテゴリの記事

コメント

久しぶりのご投稿記事を興味深く読ませていただきました。
これからも楽しみにしております。

小生の個人塾は本日満2周年で第九回目の例会を開催いたします。
貴殿のBASIC診断(メンタルアドバイス)を本日講師よりお預かりしますので後日郵送させていただきます。
どうぞお楽しみになさってくださいませ。
次回の12月には是非美味しい食事とお酒を飲みにいらしてくださいませ。
またそれまでに関西アルコール工場見学ツアーのお誘いをします。
紅葉の季節でサントリー山崎蒸溜所とアサヒビール大山崎山荘美術館及びサントリーの京都工場の組み合わせで考えております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/55536838

この記事へのトラックバック一覧です: 初秋の戸倉山:

« ツタンカーメン展~黄金の秘宝と少年王の真実~ | トップページ | せせらぎ街道ツー »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ