« せせらぎ街道ツー | トップページ | アクアライナーと大阪城 »

2012/10/17

ちょっぴり紅葉の濁河温泉

立山が雪化粧した2日後、母と濁河(にごりご)温泉に泊まってきました。
P1040617
中央道、内津峠からは恵那山がずっと見え隠れします。いい天気で、車内は暑いくらいです。
中津川で下りて、2駅だけ道の駅に寄り道するため、国道256号に入ります。「きりら坂下」から「五木のやかた かわうえ」に向かう途中、こんなものが・・・
P1040627


「坂下花馬祭り」ののぼりが出ています。どんなものか調べてみたら、この通りに馬の背中に花を付けて歩く伝統的な祭りのようです。坂下だけでなく、田立でもあるようで、いつか見てみたいと思いました。

道の駅かわうえは
、小さな道の駅でしたが、案内板を見たら・・・
P1040618

川の向こう岸に「オートバイ練習場」とあります。私がつぶやいたら、そこにいたバイクのお兄様が引き返してきて、店員さんに聞いていました。その又聞きですが、無料のよう。こちらの岸から見た様子はこんなでした。
P1040622

このあたりの高校生とかはここで練習するのかしら・・・

寄り道はこのくらいにして19号に戻ります。読書発電所のあたりから福沢桃介と貞奴の話で盛り上がります。桃介橋を超えてもしばらくその話でした。

12時も回ってお腹が空いてきました。上松においしい蕎麦屋があったがまだあるかどうか・・・などと話しているうち、前方に木曽駒ヶ岳が見えてきます。
P1040635
大桑あたりだったか、19号を走って中央アルプスに気づいたことは初めてです。なぜ今まで気がつかなかったのか、不思議です。

P1040644
と、蕎麦屋さん発見。上松の「十割蕎麦 玄」さんです。
P1040643
私も母も、迷わず「粗挽き十割」を注文します。
P1040640
うま~。

満足して先へ進みます。19号は進化し続けているようで、今回も「これって新しいトンネルだよね」と言った矢先に橋を造っていました。
P1040647
道がどんどん直線になってしまいます。うれしいようなうれしくないような。

少し先で国道361号線に入ります。開田高原を抜ける快走路です。
P1040654
10年ぶりに来た開田高原、九蔵峠。御嶽山が迫ってきます。実はこの形の御嶽山、名古屋からはなじみが薄く、母にも珍しいもののようでした。濃尾平野から見ると御嶽山は三角形に見えるのです。左端のピークは写真では見えにくいのですが、御嶽山の向こう側にあります。白草山かしら?

岐阜県に入り、361号線を南に折れて日和田高原に入ります。白樺の素敵な道にしばし車を駐めて、振り返ると乗鞍が。
P1040663

高度を増して、チャオ御岳。
P1040671

すっかり紅葉しています。吹く風の冷たいこと。さらに進んで、御嶽山7合目、標高1800mの濁河温泉に着きました。今日の宿はもちろん秘湯を守る会の朝日荘さんです。両隣の宿にはバイク軍団がお泊まりです。
まずは部屋に荷物を置きます。
P1040675

早速に市営の共同湯へ。宿からは5分ほど坂を下りたところにあります。

P1040688
こんなお風呂でした。パンフレットで見るとずいぶん大きい感じがしたのですが、それは男湯の話。女性は安くしてほしいな~

宿に戻り、プレモルで乾杯。素焼きのグラスにきめ細かい泡がおいしい。
続けて貸し切り湯に。
P1040708


P1040710

ここは共同湯とは別の泉質で、ちょっと白っぽい感じです。加温しなくてもこんなお湯が出るのは、やっぱり火山の上だからですね。貸し切り時間は40分、ちょうどいい感じです。すぐに夕食です。

P1040721

料理は岩魚塩焼き、きのこ鍋、山菜天ぷらなど、お腹いっぱいになりました。締めは雑炊とマンゴスチン。

翌朝は貸し切りでない方のお風呂へ。
P1040730
こちらは共同湯と同じような黄色っぽいお湯でした。
部屋に戻ると窓からは乗鞍が紫に見えました。
P1040734

朝食はテーブル席。母が脚が痛そうにしていたのでだそうです。心遣いがうれしいです。
P1040738

温泉がゆでいただきましたが、朴葉味噌がおいしくて、普通のご飯ももらいました。

帰路は高山回りにします。秋神温泉に抜ける細い道で何度も車を駐めて栗を拾いました。

P1040751

全部でこれだけですが・・・
P1040770

途中で見た朴の黄葉(こんなのは生まれて初めて見ました)、楓(じゃないかも)の紅葉。
P1040747

P1040748

美女街道で見た乗鞍も迫力ありました。
P1040764

今回回った道の駅は4つ。
P1040771

« せせらぎ街道ツー | トップページ | アクアライナーと大阪城 »

温泉」カテゴリの記事

飲み食い」カテゴリの記事

コメント

すでにFBでは、何枚か拝見していましたが、こうして通して見るとやはり素敵ですね。紅葉がはじまっていましたか。濁河温泉の共同浴場は、昨年妻と行きました。高山へは、nobinekoさんのように、チャオへ戻り、また国道361号を通り、美女峠を抜けるルートではなく、坂下温泉方面へ抜けるチョー険しい隘路を選択し、緊張の連続でした。すばらしい親孝行でしたね。お母様も寛がれたようで、何よりでした。

のびねこさんはFBに力を入れておられるのですね。
充実した休日を過ごされた様で何よりです。
これからもブログに沢山各地の情報を
コメントくださいませ。
楽しみにしています。

naoさん、
さほど仕組んでいったわけではないけれど、なかなか素敵な旅になりました。濁河からの帰りはチャオを通らず秋神温泉に下りる狭路でした。車なので平気ですが、バイクなら通りたくない道です。宿でもらった地図には「道幅かなり狭い注意、お客様にはお勧めできません」とあります。

もう一人の講師Mさん
FBには力を入れているというわけではありません。短時間で書き込めるというだけです。いまiPadからはこのブログに書き込むのが大変なのでしませんが、使い勝手が変わったらもっとこっちに書くと思います。

濁河温泉にはツーリングやキャンプ(少し上にある胡桃島キャンプ場)で行ってるよ。ツーリングで泊まった宿は多分20年ぐらい前だから覚えてないけど、過酷な林道ツーリングだった!その仲間たちといまだに年一で続いて約三十年、今は林道無しだけどね、愉快で楽しい仲間に恵まれて嬉し楽しです!

秋神温泉も良い所だよ、一泊ツーリングで唯一リピートしてる、期待して行った二度目には綺麗な若女将下が居なくてがっかりしたな~

yasuさん、濁河温泉への道はチャオ御岳ルート以外はつらそうですね。秋神温泉へ下りてくる道も狭くてバイクじゃ嫌って感じでした。秋神温泉はすんごく寂れた感じだった(冬に行けばいいのかもですが)けど、車数台宿泊者がいたみたい。

土曜日にキリンビールの滋賀工場(彦根)のエコブルワリーツアーに参加してきました。
まずはビデオにて環境への取り組みを紹介してその後工場見学と昼食(弁当)を摂って高取山で植林体験とクラフト体験等をしてきました。
1年に1回の人気の催しみたいで抽選で今回は参加出来ました。
ビール工場に戻っての最後の試飲は25分間ですが、フリードリンクなので一番搾りスタウト等をきっちり6杯頂戴してきました。(結構お強いですねと言われました。)
名古屋からも滋賀工場は近いと思いますのでお勧めです。

最近、濁河行ってないなぁ
紅葉を見がてら、走りに行こうかな?

ブログ・・・Yahooからgooに変えました
詳細は、ヤフブロのトップページで案内してます(^O^)/

もう一人の講師Mさん
キリンビールもよさそうですね。
年に1度の抽選に当たってラッキーですね。

ヒデマオさん
濁河はよく行かれるんですか?
紅葉はもう終わっちゃったみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/55892088

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっぴり紅葉の濁河温泉:

« せせらぎ街道ツー | トップページ | アクアライナーと大阪城 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ