« チェリーパークライン・・・東信州旅行(6) | トップページ | 雨の池の平湿原・・・東信州旅行(8) »

2013/09/08

標高2000mの秘湯 高峰温泉・・・東信州旅行(7)

P1090247

高峰温泉は、浅間山から続く主稜線上にある温泉です。源泉は支尾根を一つ超えた標高1700m付近にあり、以前はそこに建物もあったそうですが、火事で全焼してこの地に再建したといいます。全館禁煙なのはきっと火事を出さないためでしょうね。

P1090271


お部屋に入る前に、熊笹茶をいただきます。
P1090250

お部屋に上がって、さあ露天風呂、と言うときに雨が降ってきました。

P1090258

激しい降りで、雷も鳴っています。

P1090260

窓の下の草花が雨に打たれて倒れてしまいました。

野天風呂は・・・
P1090269
本日終了(泣)

再開のめどが立たないのかフロントに聞きに行ったら、雷が鳴っているときは入れないそう。再開は若旦那が決定するけど、今留守のこと。仕方ないのでとりあえず内湯に入ることにしました。1階の風呂は日帰り入浴OKですが、2階は宿泊者専用で、そちらへ行きます。

P1090264
その前に温泉を飲んでみます。

P1090265
硫黄のにおいが強くて、おいしくはありません。

では、参りましょう。

P1090266

P1090280

微妙に水の色が違います。右は37度、左は41度です。病気療養中の人はぬるい方がいいようです。ちなみにここでは洗剤は使わず、「創生水」というもので身体や髪を洗うことになっています。

お風呂を先に出たら、
P1090281
ラッキー!!

さっそくに野天へ行きます。扉の向こうは棚があって、籠が男女各4人の定員分だけ並べてあります。籠があれば入れるってことです。

P1090300

外の靴に履き替えます。

P1090282


P1090283

20mほどでお風呂です。

P1090290

小さい浴槽ですが開放感抜群です。今度は満天の星空の下で入ってみたいな~

風呂の後、ご飯まで少し時間があるので、とりあえずビールいっときます。

P1090301

地ビール「オラホビール」です。優しい味です。

さて、ご飯の時間になりました。食堂に参りましょう。

P1090318
本日の献立。

P1090317

茶碗蒸しは、
P1090323
わぉ!松茸です。

P1090325
天ぷら。左から、山葡萄、軽井沢菜、タモギタケ、サツマイモ。かりっとおいしく揚がっていました。

やがて窓の外は夜の帳に包まれ、天井にはランプの優しい影。
P1090328

一旦部屋に戻ります。熊笹茶の周りでは、大旦那さんの苦労話が始まっています。

P1090337

私たちは外に出て、若旦那主催の星の観望会です。写真はありませんが、私たちの見た星空が宿のブログにありますので、それをご覧ください。→夏の天の川

夏の大三角形、天の川がしっかり見えました。空に向けてのレーザーポインター、昔では考えられなかったです。3機の天体望遠鏡で見る星のクローズアップもおもしろかったです。こんなイベントがついている宿ですから、ファンも多いことでしょう。

冷えた身体を暖炉で暖めます。クルミ餅つきね。各自暖炉で焙って香ばしいです。
P1090350

いったんは雨であきらめた野天風呂と星空、晴れ女のMちゃんと一緒だったから実現したのかもです。

でも翌朝、やっぱりお天気は悪いです。

P1090356_2

朝ご飯を食べたら、トレッキングに出発です。

P1090355

« チェリーパークライン・・・東信州旅行(6) | トップページ | 雨の池の平湿原・・・東信州旅行(8) »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/58154003

この記事へのトラックバック一覧です: 標高2000mの秘湯 高峰温泉・・・東信州旅行(7):

« チェリーパークライン・・・東信州旅行(6) | トップページ | 雨の池の平湿原・・・東信州旅行(8) »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ