« 小山敬三美術館・・・東信州旅行(5) | トップページ | 標高2000mの秘湯 高峰温泉・・・東信州旅行(7) »

2013/09/08

チェリーパークライン・・・東信州旅行(6)

P1090610

懐古園で前座は終わりで、いよいよメインの高峰温泉に向かいます。懐古園からはほぼ一本道で、チェリーパークラインを駆け上がります。

P1090228

ただし小諸市街を抜けるあたりは、ここでいいのかしらというような景色ではありました。

P1090230
チェリーパークラインは、元々有料道路だったようですが、いまは無料です。
参考 日本百名道

しかも今知ったんですが、浅間ヒルクライムなるイベントも行われる道だったんですね。
参考 浅間ヒルクライム2013開催

ヘアピンの連続で、タイヤも新しいんですが、助手席にMさんを乗せているのでゆっくり登っていきます。

P1090231

高峰温泉の看板出現。コーナーごとに高度を上げていくと、白樺が現れ、唐松が現れ、高峰高原ホテルが見えてきました。

P1090235

車を路肩に駐めて麓の方を見ます。

P1090234

秋草の向こうに小諸の街が一望できます。天気がすっきりなら、もっとすばらしでしょう。気温は低く、半袖では肌寒いです。

車坂峠、突き当たる感じにビジターセンターがあります。

P1090236

右に行けば嬬恋村に下りるようです。ここを左に折れ、林道を行きます。


P1090237

路面が悪いのは雪のせいでしょうか。


P1090243

アサマ2000スキー場のゲレンデ内です。

P1090245

ゲレンデを抜けたら、高峰温泉に到着。懐古園から30分ほどでした。


P1090361
ここまでバスも来るんですね。運賃は小諸駅から1000円ちょっと。

« 小山敬三美術館・・・東信州旅行(5) | トップページ | 標高2000mの秘湯 高峰温泉・・・東信州旅行(7) »

2&4(Wheels)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/58153741

この記事へのトラックバック一覧です: チェリーパークライン・・・東信州旅行(6):

« 小山敬三美術館・・・東信州旅行(5) | トップページ | 標高2000mの秘湯 高峰温泉・・・東信州旅行(7) »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ