« 熊野古道の旅(7)・・・熊野本宮大社 | トップページ | 南紀ツーリング(1)・・・和歌山から那智へ »

2014/05/05

熊野古道の旅(8)・・・岩の造形

熊野本宮大社からの帰路は、熊野川に沿って国道168号線を走ります。一昨年来たときも台風の爪痕がたくさん残っていましたが→十津川村旅行(4)・・・台風の爪痕残る熊野川
復旧はまだまだのようで胸が痛みます。

Sh3h0211

対岸の道路はまだ分断されたままです。

Sh3h0212

道の駅「瀞峡海道熊野川」だった場所は、記念プレートが設置されたパーキングエリアとなっていました。ただ、ウォータージェット船乗り場は新しい建物ができていました。

海岸部で国道311号線に入り、道の駅「紀宝町ウミガメ公園」へ。
ウミガメのプールがあり、体長1m位のウミガメが複数います。

Img_7851

ちょうどご飯時で、瓶さんはえさのイカ切り身をもらっていました。

Sh3h0219

顔の前にあるのがそれです。なんだかがっかりします。

続いて道の駅「パーク七里御浜」。ここは特徴がありませんが、いやというほど蜜柑を並べてありました。


Img_7859

今回の道の駅巡りはこれで終了です。2日間で8個スタンプゲットしました。

七里御浜を直接は見ていませんが、北の端に「花の窟」があります。巨岩信仰です。

Img_7864

大きすぎて枠に入りません。
花窟神社は、イザナミノミコトを祀っています。日本最古の神社だそうです。

Sh3h0242

岩にあいている穴に、願いを込めた石を置くみたいです。


Sh3h0245

オープンしたてのような飲食店・売店群は、ネーミング、サービス内容など、開いているときに来てみたいものでした。

5分もせず、「獅子岩」を望むスポットに。
Sh3h0249

そして、鬼ヶ城へ。5年前に来たときとは、道路が付け変わっていました。新しくなった鬼ヶ城センター


Sh3h0268

5年前と大違いです。→熊野旅行(7)・・・鬼ヶ城、橋杭岩、潮岬

もちろん初めて来たMさんは大満足。
Img_7867

ただ、南側からアプローチした方がおもしろかったかもしれません。

Sh3h0267

この後は熊野尾鷲道路を走り、できたばかりの尾鷲南インターから高速に乗りました。

« 熊野古道の旅(7)・・・熊野本宮大社 | トップページ | 南紀ツーリング(1)・・・和歌山から那智へ »

世界遺産」カテゴリの記事

コメント

大紀行、まことにお疲れ様でした! 9時間、そりゃ、かかりますよ、軽く。逆に言えば、よく9時間で全部まとめたものだと脱帽しますよ、ホンマ。いや~自分でも一度行ってみなくっちゃ。出版社の仕事で、和歌山県や三重県のそのあたり一帯、取材や営業で廻っていましたが、熊野古道、一度も歩いていないんです。

naoさん、9時間でまとめたのは(4)から後なので、全編は12~15時間くらいかかったのじゃないかと思います(^◇^;) な~んか、旅した後、いつまでもこうやって楽しめるタチなんです。だから記憶も定着するんでしょう。
naoさんが熊野古道を歩いていないとは意外ですが、ぜひ十津川村から果無峠方面へ歩いてみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/59591324

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野古道の旅(8)・・・岩の造形:

« 熊野古道の旅(7)・・・熊野本宮大社 | トップページ | 南紀ツーリング(1)・・・和歌山から那智へ »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ