« 羊蹄山登山旅行(1)・・・ニセコまで | トップページ | 羊蹄山登山旅行(3)・・・羊蹄山お鉢巡り »

2015/01/04

羊蹄山登山旅行(2)・・・羊蹄山に登る

翌朝は部屋で朝食を摂り、7時に出発。早いけど、ホテルの管理人さんが見送ってくれます。

P1130951

羊蹄山は昨日に引き続き山頂を隠しています。

ホテルから30分もかからず、半月湖野営場の駐車場に到着。

0059_large


P1130956

入山届、書きます。

コース全体図。

P1130957
ほとんど直登ですね(^_^;

ここは標高350mなのでめざす9合目までの標高差は1350mあります。大丈夫かな~

P1130958

7:50登り始めます。とりあえず、こんな道です。

P1130959

火山の石が落ちています。

P1130964

あじさいが咲いています。

でも、リュック重すぎ。

0069_large

第一の目的地点、風穴に到着。すでに40分経過です。

0064_large

岩から冷たい風が吹き出していて、汗だくの身体を冷ましてくれます。しばらく動きたくありません。

風穴から十数分で「一合目半」。

P1130979

さらに10分ほどで2合目です。

P1130984


P1130989

二人とも背中が重くてうつむきがちです。と、そこへ下ってきた老夫婦。お歳は80歳くらいでしょうか。おそろいのウエアでひょいひょいと下っていかれました。

P1130991

お人形みたいにかわいい。ああいう老人をめざしたいです。

このあたりからニセコアンヌプリがよく見えるようになります。

P1130993

P1130995
あじさいは咲いていますが・・・

P1130997

結構暑いです。2合目から3合目まで30分。この調子だと9合目まであと3時間の登りのハズですが・・・

P1130998

これもあじさいみたいな花だけど、蔓性みたいだから別物かしら、などと話しながらいきます。

4合目通過。
0076_large

急登が続きます。

P1140004

だんだん口数も少なくなってきました。休み休みです、水が重いです。

3合目から5合目まで100分。さっきの半分にペースダウンです。

P1140007

Dさんがいいことを思いつきました。ここに水を置いていこう! 羊蹄山には水場がなく、山頂の避難小屋にも水はありませんから、飲み水の他、調理用の水、手を洗う水も持参してきたのです。500ccのペットボトル(後から気づいたのですが増量で1本550ccありました)7本とお茶2本とワイン。でも、少なくともここから麓まで下山する間に飲む水は担ぎ上げなくても帰りにここで拾えばいいわけです。ということでお互いに2本をここに置きます。

少しのことで足取りが軽くなりました。花を愛でる余裕も湧いてきます。

P1140009
クルマユリ。

P1140012
オトギリソウ。

6合目まで30分、ペースが戻りました。

P1140017

中山峠で買ってきたトマトグミ食べます。正午近くなり、お腹も空いてきました。

また道が急になり、6合目から50分で7合目。

0080_large


P1140023

アンヌプリより高いところに来ました。


P1140025

頂上はまだ見えていませんね。

さらに登ること50分で8合目。ようやく調理に適した場所がありました。

P1140028

今回(いつもだけど)調理道具と食材はDさんが担いでくれています。ありがたいことです。私は酒だけ(^_^;

パスタ2種を半分こします。


P1140027

40分ほど大休憩ののち、また歩き始めます。

P1140034

20分ほどで、こんなところに出ました。


P1140037

振り返るとアンヌプリしかありません。


P1140038

しかも、ロープのないところがあります。

P1140042


P1140045

何とかよじ登りました。10分ほどのことですが、かなりへとへとになりました。

P1140047

かわいらしい花が咲いていてうれしいです。


P1140049

でもやはり道が怖いです。

人がいました。

P1140051

これは「大傘持ち」と教えてくれます。

P1140055

いっぱいあります。青いのはチシマフウロ。


P1140057

お花畑です。いい季節に上れたことに感謝です。しかも素晴らしい天気。

P1140067


P1140077

30分ほどで分岐です。


P1140078

避難小屋が見えてきました。避難小屋は2棟見えますが、右側の方が今年建手換えになった新しいものです。古い方より小さいです。

P1140082


3時に到着。登山口から7時間15分かかりました。


P1140168

私たちが一番乗りです。ここでシュラフに入って寝ますが、まずは荷物の整理。

P1140088

トイレは紙を持ち帰ります。

山頂を巡ってくる元気がなく、一瞬うとうとした後、夕食とします。

P1140090

4時を回って、エゾカンゾウは眠りかかっています。

P1140091

小屋の下の方は大群落。


P1140092

ガスって来ました。


P1140093

今日の食材。少しだけだけど、ワインを持ってきて幸せでした。今日のお泊まり客は私たちの他に3組。混んでいるときは平らに眠るのができないみたいです。

うっとりするような日没。ニセコの山に日が落ちていきます。右奥は積丹半島方面です。

P1140101

写っていませんが、左の方に支笏湖の外輪山があります。小屋の管理人さんがいろいろ教えてくれました。

日没を見ている間にぐんぐん気温が下がり、外に出ていられないくらいになってきました。写真を写すときだけ外に出て、ドアの内側から沈む陽を眺めていました。

日が沈むと真っ暗で、何もできないし、明日は2時に起きて山頂をめざすことにしたため、8時前には寝ました。ネットで検索したらストーブが熱いくらいとあったのでいちばん薄いシュラフにしたのですが、それでは足りず、途中で起きてダウンを着込みました。

« 羊蹄山登山旅行(1)・・・ニセコまで | トップページ | 羊蹄山登山旅行(3)・・・羊蹄山お鉢巡り »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/60912507

この記事へのトラックバック一覧です: 羊蹄山登山旅行(2)・・・羊蹄山に登る:

« 羊蹄山登山旅行(1)・・・ニセコまで | トップページ | 羊蹄山登山旅行(3)・・・羊蹄山お鉢巡り »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ