« 生・日野原先生に会ってきました | トップページ | 阿蘇ツーリング »

2015/05/05

各務原の里山 権現山

東海北陸道には56個のトンネルがありますが、最初のトンネルが権現山トンネル、二つ目のが各務原トンネルです。この付近の地図を見ると「権現山」が三つあり、区別して南から尾﨑権現山(標高208.1m)、各務原権現山、芥見権現山(標高316.5m)といいます。連休初日、北の二つの権現山を縦走しました。

各務原ICから十数分で蘇原自然公園の駐車場に到着。

20150429_103425

駐車車両は私たちの他には一台だけです。早速に車を置いて歩き始めます。

20150429_103521
レンゲ畑を見るのも久しぶり。

公園の藤棚が今は盛りです。

20150429_103915


20150429_164514

「伊吹の滝」から登ることになっているので、この川に沿っていけばいいと直感します。


20150429_163212s

各務原トンネルの入り口を確認し、高速のガードをくぐり抜けます。尺取り虫がたくさんぶら下がる中を歩きます。


20150429_104615

猫面魚の池を右に見て、舗装路に出たところが伊吹の滝のある不動明王。

20150429_104729

忍び寄る猫の陰。

20150429_104757

と、

20150429_104906

遊んでほしいのか、えさほしいのか。

20150429_105132

伊吹の滝はこちらです。

20150429_105035

こんな場所にしてはけっこうな水量です。

お堂を右に見て登山道に入っていきます。

20150429_105610

ルートの随所に階段がありました。車のエンジン音がひっきりなしに聞こえる中、高度を上げます。

20150429_105733

緊急時の場所を示す赤い看板も三箇所。

20150429_112738

ここで稜線に出ました。滝から30分ほどです。歩みののろいnoeinekoと一緒なので、ガイドブックの1.5倍ほどのスピードです。東に折れて明るい尾根を行きます。

20150429_112903


20150429_112813

看板の意味するところは・・・・

20150429_113120

やっぱり火の用心か~

20150429_113219

南に開けた展望台。各務原の町が見えます。


20150429_115002

花も多いです。


20150429_115010

虫も。


20150429_120625

毛虫も。

その毛虫のいた、鐘のある展望台。

20150429_120632

ここからは芥見の団地が見えます。


20150429_115459

さらに進むと頂上の東屋らしきものが見えてきました。

20150429_121659


20150429_121659s

そこから数分で、頂上直下の階段に到着。

Img_2641

ふう~横木のうち、手前の二本はよく見るとコンクリートのようです。


20150429_122510

昭和9年の台風で、頂上の鳥居が転がってきたものだそうです。


20150429_123254

相当の距離があるかと思いましたが、数分で鳥居に到着。なるほど、接ぎ木のようになっています。


20150429_123333

ここは「多度神社」です。

20150429_123455

今日はちょっとかすんでいますが、冬の日なら三つのアルプスの大展望がありそうです。

20150429_125516


展望台もあり、五組くらいのパーティーが、ごはんを食べたり話し込んだりしています。私たちもここでご飯にします。


20150429_123459

そしてここにも火の用心。

20150429_123529

これしきの水ではとても足りないと思いますが、初期消火なら・・・

なぜこの山がこんなに火の用心と言っているのかがわかりました。平成14年の山火事の教訓からでした。三日三晩燃えて、民家にまで火が迫ったあの山火事は、まさしくこの山だったのでした。あれからもう10年以上もたつとは。

このピークから西に向きを変えて北山をめざします。


20150429_131211

正面のピークが北山です。向こうに立っている人も見えています。そういえば枯れている木が目立ちます。火事の残骸でしょうか。北山の右側が芥見権現山です。

北山には5分もかからず到着。東を見ると各務原アルプスが連なっています。この連なりの奥の方つまり東半分は歩いていますが、まだ全部の稜線は歩けていません。

20150429_131605

北山から三角点のある芥見権現山へは、一旦下ってまた上り返すことになりますが、かなり難儀なことになりそうな気がしています。写真を取り忘れてしまってこんなのしかありませんが、向こうに見えているのが次のピークです。

20150429_131607

先に道を譲ったご夫婦から、「向こう行くの?元気だね」と声をかけられます。ガイドブックで見ると15分下って15分登ればいいようですが、norinekoの気弱な声に一抹の不安も感じます。ほんとにそんな時間で行けるの?


20150429_133032

かなりの急降下です。途中ですれ違ったパーティーに「よくここを下りてくるわね」と言われ、やっぱり失敗だったかなとも思いますが、そのまま行きます。

20150429_133636

急降下終了で分岐があります。こちらのコースは「難路」となっていました。帰ってきてから気づいたのですが、北山頂上の分岐はこの二つのルートを指していたのでした。


20150429_131444

「諏訪山」がどこのことだかわかりませんが、その下に「岐阜権現初心者コース」と書いてあります。「岐阜権現」というのも聞いていませんが、左は岐阜権現を指しているので、右は迂回路だと読めます。が、その場はパスしてしまったのでした。

20150429_133826

程なく老洞峠に出ます。20分くらいで下りたので、ガイドブックの15分はおおむね妥当でしょう。


20150429_134006

桜の木のようです。これは燃えた後みたいです。気を取り直していきましょう。

20150429_134009

さっきよりはだいぶましな道です。

20150429_140411

頂上手前の巻いていくところ、急斜面で足元が細く、スリリングです。


20150429_143333

峠から30分ほどで本日の目標地点到達。立派なテーブルが二つも置いてあります。


20150429_141408


20150429_141423

南西方面。

20150429_144328

岐阜城見えます。


20150429_144328s

ほんと、そこら中から見える城です。と、話しかけようとするも、寝てる人がいます。

20150429_143919

靴がいかれちまったからですね。


20150429_143343

とりあえず老洞峠に下ります。


20150429_151631

考えた末、平坦な道を歩いて帰ることにします。東へ進むとすぐにこんな看板がありました。


20150429_152130

皆で木を植えたのですね。


20150429_162102

岐阜カントリークラブの中を通過し、1時間以上かかって不動明王まで戻りました。


20150429_162707

高速道路をくぐって、トンネルの写真を撮ります。

20150429_163523

公園の睡蓮はもう花びらを閉じるところでした。

20150429_164908

コース全体図。

Img_2669

ガイドブックでは歩行時間3時間20分なのですが、倍近く滞在しました。

« 生・日野原先生に会ってきました | トップページ | 阿蘇ツーリング »

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/61541727

この記事へのトラックバック一覧です: 各務原の里山 権現山:

« 生・日野原先生に会ってきました | トップページ | 阿蘇ツーリング »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ