« 三たび、小布施・・・北信秘湯の旅(4) | トップページ | 山口小夜子 未来を着る人 »

2015/06/05

姨捨の棚田・・・北信秘湯の旅(5)

日没の前に姨捨に着きたいので小布施は3時に起ちます。途中、あんずの里へ。

20150520_155843

窪山展望台です。花の季節はピンクに染まるのでしょう。森将軍塚古墳もここにあります。


20150520_155745


先に行きます。さらしなの里ではちょうど火をたいていて、


20150520_163805_2

煙の中は縄文時代でした。


Img_2966

高床式倉庫。

20150520_163533

住宅内部。

20150520_163336

北海道開拓村の開拓小屋を思い出しました→そのときの記事

底辺の人は、すっとむしろ生活だったんですね。

さらしなの里から坂を登っていくと線路を渡って姨捨駅です。

20150520_165836

250m先の無料駐車場に駐めます。「棚田→」の案内に従って坂を下りていきます。30分ほど下ってもらしきところがありません。どうしたものかと思っていると、「姨捨公園↑」の案内が。そこを登ると東屋がありました。

ただし景色はこんな感じ。

20150520_173009

棚田は遠いじゃないか・・・しかも毛虫がいっぱいで腰をかけることもできない。意を決して撤収することにします。


20150520_175001

するとまあ駅はすぐ上。


20150520_172849

気を取り直して、さっき車で上がってきた道の途中に「←棚田」とあったところをめざします。

ここですよ、ここ。ロスタイム小一時間。


20150520_180524


20150520_180947


20150520_181148


20150520_181325

風が強いです。雲が多くて、もくろんでいた夕日に赤く染まる景色は見られませんでしたが、満足しました。

ところで踏切で電車を見ていたところ、妙なことに気づきました。踏切の中でいったん電車が止まって、そのあとバックしていったのです。

20150520_180728

さっき駅舎を覗いたときに「スイッチバック」と書いてあったのを思い出しました。果たして姨捨駅は、本線上にはないのでありました。

踏切から駅のほうを見たところ。


20150520_184311

さっきしなのが駅の下へ走っていったように見えたのも、普通列車がバックしたのも、ここで切り替えをしていたのでした。


20150520_184422

これが切り替え装置かしら。


20150520_183426

駅舎の先で線路が果てています。大いに納得して、このことも姨捨の満足度を高めました。

念のため、サービスエリアからも夜景を。


20150520_191645

ここから棚田はあまり見えません。

2日間の秘湯の旅はその後高速を走って終わります。

« 三たび、小布施・・・北信秘湯の旅(4) | トップページ | 山口小夜子 未来を着る人 »

おでかけ」カテゴリの記事

建造物」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/61700454

この記事へのトラックバック一覧です: 姨捨の棚田・・・北信秘湯の旅(5):

« 三たび、小布施・・・北信秘湯の旅(4) | トップページ | 山口小夜子 未来を着る人 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ