« 増水後の川湯温泉・・・熊野キャンプ(3) | トップページ | 北山川ラフティング(2)・・・熊野キャンプ(5) »

2015/08/26

北山川ラフティング(1)・・・熊野キャンプ(4)

ファミリーキャンプ2泊後、最終日の朝は早くから撤収し、熊野川が瀞峡へと別れるところで橋を渡って、瀞峡のある北山川沿いに走っていきます。国道としては168号線から橋を渡って169号線に入ることになります。が、すぐに問題発生。通行止めで、バスが待機しています。迂回路は遙か彼方なので、ラフティングの集合時間に間に合いそうもありません。バスに様子を聞きに行くと、公の立場じゃここで待ってるしかないけど、行けるかも?とのこと。強行します。

20150720_085859

果たして、この道路冠水。


20150720_085938

いつも大水なんでしょう、コンクリの壁がありますが・・・・


処理中の工事車両に都合をつけてもらって通過します。そのあとはとりあえず順調、ともいえず、途中でラフティングのオフィスに電話を入れます。予約はうちだけだから急がなくていいよとの返事。まあ、もともと3日前にみんなキャンセルしたんでしょうね。

ということで若干遅れて道の駅おくとろに到着。アドベンチャークラブケイズさんにチェックインします。インストラクターの方一人の対応。やっぱりみんなキャンセルだったのね・・・

まずは着替えます。といっても皆朝から水着を着てきているのでウエットを着るだけ。

Img_0548

で、ワンボックスに乗ってスタート地点まで移動します。なんと車にはスクーターが積んであり、私たちをスタート地点に降ろした後、インストラクターが車をゴール地点まで運び、スクーターでスタートまで戻ってくるという筋書きなのでした。なんだか山の縦走で使えそうですね。

が、私たちのグループは、ラフティングをやらない母と義妹が車で着いてきていましたので、インストラクターはその車に同乗して戻ってきた次第。

ということで、ラフティングのスタート地点は国道169号線のこのあたりです。

Img_0576

おむすび標識のはげ具合が素敵です。

Img_0574

国道から河原まで急な坂を下りますが、男たちの仕事になりました。


Img_0555_1

河原ではインストラクターから安全面での説明を受けます。私たちは全員3年前天竜川で1回目のラフティングを経験していますから、復習したものもあったのですが、今回学んだこともありました。それは、「流されたときはとにかく流れが緩やかになるところまで流される、決して物に捕まろうとしてはいけない」ということでした。急流で物に捕まったとたん、腕の骨が折れるそうです。

はい、まずはいきなり川にドボンです。つめた~い。あ、私、バンド付き度付きサングラスを装着しています。一昨年前の沢登りの時に作って、年に一度のこういうときしか出番のないめがねです。


Img_0557

それからやっとボートに乗せてもらえます。


Img_0560

しゅっぱーつ。前にやっているので、怖さはあまりありません。小学生になった甥っ子が、前回はパパの胸だったのに今回は一人なので、いちばん緊張していることでしょう。


Img_0568_1

うまく乗り切ったらパドルを合わせて気勢を上げる、の練習もし、いよいよ台風後の水量豊富な北山川にこぎ出します。


Img_0570


« 増水後の川湯温泉・・・熊野キャンプ(3) | トップページ | 北山川ラフティング(2)・・・熊野キャンプ(5) »

他の趣味(多趣味)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/62156809

この記事へのトラックバック一覧です: 北山川ラフティング(1)・・・熊野キャンプ(4):

« 増水後の川湯温泉・・・熊野キャンプ(3) | トップページ | 北山川ラフティング(2)・・・熊野キャンプ(5) »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ