« 北山川ラフティング(2)・・・熊野キャンプ(5) | トップページ | 猿山(1)・・・雲見へ前泊 »

2015/09/23

岐阜市の最高峰、百々ヶ峰(標高417.9m)

シルバーウィークの一日、久々に山歩きをしてきました。ちょっと朝寝坊してしまったので急遽、お手軽そうな百々ヶ峰に変更。

三田洞駐車場に車を置き、「ながら川ふれあいの森」から登ることにします。案内板がいっぱいあるかと思ったのですが、四季の森センター内には何も示すものがなく、FieldAccessの二万五千図を頼りに山頂を目指します。

Img_6030

ときどきこんな地図があり、概略を確認できます。

Img_6032


Img_6033

堰堤ふうの滝の上は、鯉がいっぱいいる池。水の色が不思議です。


Img_6036

こんなところを上がっていくと、やっと登山道らしき雰囲気になってきました。鹿威しの音が響くところを過ぎると、こんなのが道の脇からのぞいています。


Img_6037

傑作だと思います。

あんなに駐車場に人がいたのに、分岐を過ぎたら誰もいなくなり、ひっそりした西峰に着きます。上りはじめておよそ1時間半くらいです(途中のトラックが記録されていなかったので推定です)。


Img_6040

三角点のあるのはこっちで、もともとはこっちが百々ヶ峰の山頂とされていたようです。ここを通過してもう少し先に行くと反射板のある広場に出られたようですが、引き返してしまいました。

尾根道の先に東峰が見えます。


Img_6043

ハギの花があちこちに咲いていて秋らしいですが、これまた至るところでツクツクボウシが鳴いています。


Img_6047

こういう分岐もどきがあちこちにあります。右が元々の登山道、左は遊歩道とでもいうのでしょうか、平坦な道。紛らわしいです。


Img_6058

携帯電話の基地(?)を過ぎると東峰の頂上です。西峰からは1時間ちょっとです。


Img_6054

展望台があり、大勢人がいます。西峰とは大違い。三角点は2等です。


Img_6056

展望台の上は風が抜けて涼しいです。向かいの金華山が低く見えます。長良川が北から南西までこの山でカーブするように流れています。少しかすんでいるのが残念ですが。

Img_6059

帰りは東海自然歩道経由で戻ることにします。東海自然歩道といえば、そう、階段の道。

Img_6061

東峰に続いているこの部分は東海自然歩道本線ではないはずですが、構造が一緒です。はぁ~

一旦車道に下りついてここからまた上り返してとりつく稜線が東海自然歩道です。その道も中電の鉄塔監視路のような道でしたが・・・

Img_6069

稜線に出たところはピークになっていて、ここも「権現山」と呼ぶようです。先日登った「芥見権現山」付近にも権現山と名のつくピークが3つ、なぜこんなにあるのでしょうか。


Img_6072

どこまでもどこまでも続く、階段で下りてきて、鯉のいる池に出ました。みなさま、百々ヶ峰に東海自然歩道経由で上るのはやめましょう。ここは下りに限ります。

本日のトラック。途中ジャンプしています(行程図が崖になっているところ)ので実際の行動時間は4時間弱です。


Dodogamine


« 北山川ラフティング(2)・・・熊野キャンプ(5) | トップページ | 猿山(1)・・・雲見へ前泊 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/62339167

この記事へのトラックバック一覧です: 岐阜市の最高峰、百々ヶ峰(標高417.9m):

« 北山川ラフティング(2)・・・熊野キャンプ(5) | トップページ | 猿山(1)・・・雲見へ前泊 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ