« 岐阜市の最高峰、百々ヶ峰(標高417.9m) | トップページ | 猿山(2)・・・やはり登山道は不明瞭 »

2015/10/08

猿山(1)・・・雲見へ前泊

申年の年賀状ロケは伊豆半島真ん中の猿山で決まり、標高1000mぴったり・・・と計画してみたものの、他人の登った山行記録を読んでどんどん不安になっていきました。登山道が不明瞭で道に迷った、というものばかりです。しかも宿に取ったのは登山口から1時間も離れた西伊豆の雲見。できれば前日、せめて登山口手前のゲートだけでも確認しておこうと思って出発します。10月の初めです。

が、絶好の秋晴れにつき、

20151003_114107_2

由比パーキングの展望台で富士山を愛で、

20151003_120049

富士川楽座の展望ルームで生しらすと桜エビの唐揚げ&富士山を愛で、

20151003_143015_2


韮山反射炉でガイドのお婆ちゃまの話をじっくり聞いてしまったなど、4時も回っての到着になりました。

ところがところが、そのタイミングでゲート前に1台の車、そしてカップ麺をすすっている方がいたのです!早速に情お話を伺って明日のルートを決めたわけですが、天の助けとはこのことだったのかもしれません。その方も、わざわざこんな藪山に年賀状ロケに来るおばさんがいるとは思ってもみなかったことでしょう。

20151003_160550

はい、こちらがそのゲートです。以前にブログに書かれた方の写真と比べると、新しくなったようです。ちなみに場所としては国道のループ橋つけねから川津七滝に下り、その先の林道をしばらく行ったところです。
というわけで下見だけでなく情報収集もできてしまい、意気揚々と雲見園さんに向かいます。途中の海岸線は「彫刻ロード」と名付けられ(数年前に来たときはなかったと思うのですが)、(Dさんのようなプロから見ると安っぽい)彫刻が所々に設置されています。


20151003_170047

海越しの富士です。


宿に荷物を置き、海岸に夕日を見に行きます。

20151003_174003_2

小泉さんみたいな岩の右側に富士山。雲見という名は、「富士山でなく雲しか見えない」という意味なのに、富士が見えてラッキーです。そして夕日が海に落ちるまで何度もシャッターを切りました。大勢の若者も一緒です。

20151003_175112

宿へ戻り夕食。紅白の伊勢エビです。赤いのは女の子。

20151003_185227

翌朝は7時半に朝食。


20151004_075258

さっさと出発します。続き→猿山(2)・・・やはり登山道は不明瞭

« 岐阜市の最高峰、百々ヶ峰(標高417.9m) | トップページ | 猿山(2)・・・やはり登山道は不明瞭 »

おでかけ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/62609007

この記事へのトラックバック一覧です: 猿山(1)・・・雲見へ前泊:

« 岐阜市の最高峰、百々ヶ峰(標高417.9m) | トップページ | 猿山(2)・・・やはり登山道は不明瞭 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ