« 2015年10月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年11月に作成された記事

2015/11/04

御嶽山を北に望む、高時山

11月1日、今では中津川市に編入された旧加子母村の名士、中島紀于氏率いる「かしも山歩倶楽部」のイベントに参加してきました。「木曽越林道から高時山を登り紅葉と西方芋の大芋煮会」という趣向です。中島紀于さんは中島工務店の社長で、私は5月に会社見学をさせていただいてファンになった方です。
※そのときの記事→加子母村の中島工務店さんを訪ねました

集合は「かしも産直市」。名古屋から2時間ほどです。らしき人たちに、山歩倶楽部ですよねと聞いてみたら、まずは受付が必要でした。山歩倶楽部のサイトには、次回はここで集合ってことしか書かれていなかったのでちょっと不安でしたが、当然ですね。9時になり、中島社長のご挨拶。私だけが見慣れない顔だったらしく、でも5月の見学の一味だということはわかってもらえました。参加者20数名、ほとんどが登山希望ということで、まずは車を中島工務店のコンクリート工場に移動します。ここも先回見学させていただいた場所です。ここから3台の車に分乗して木曽越峠を目指します。私は中島社長の運転するワンボックスに乗せていただきます。

林道入り口は標高600mほどですが、高度を上げるにつれ、鮮やかな紅葉が目を楽しませてくれます。

20151101_102718

ワンボックスに大人8人乗っていますので、車としてはかなりつらそうです。しかも、木の名前を確かめるため、しょっちゅう止まります。山の人はよくわかるものよと感心します。そして、この山には本当にたくさんの種類の木があります。中島さんが「加子母にはなんでもある」とおっしゃっていた意味がわかります。

続きを読む "御嶽山を北に望む、高時山" »

« 2015年10月 | トップページ | 2016年1月 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ