« 2016年2月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月に作成された記事

2016/04/30

阿武隈の旅(1)・・・福島復興ワインプロジェクト

Img_8558

除染した土地に葡萄を植えてワインを作ろう、というプロジェクトであります。
Tシャツの最下行、ワインの形はWです。JWISと読めますか。
JWISとは、日本葡萄酒確信協会(Japan Wine Innovation Society)のことで、中央葡萄酒株式会社、山梨大学、福島大学の方々が立ち上げた一般社団です。「日本ワインの技術水準の高揚に寄与する専門人材育成の場の創出」を目指し活動されていますが、当面特に浜通りと呼ばれる福島県の海岸と阿武隈山地の間の地域、つまり福島第一原発の被災地域でのワイン作りを目指しています。

阿武隈山地は花崗岩でできています。花崗岩中の雲母はセシウムを吸着すると離さない性質のため、表土を5センチも取れば除染効果は十分にあるそうです。さらに葡萄は深く根を伸ばす性質なので、この土地での栽培が成功する可能性は高いのです。

JWISは、昨年は啓蒙活動を行っていたようですが、3月末から4月にかけて苗木の植え付けをしました。そのボランティアとして参加してきたのが今回の私のレポートです。

続きを読む "阿武隈の旅(1)・・・福島復興ワインプロジェクト" »

2016/04/25

富士五湖の旅(5)・・・黄昏の山中湖

山中湖岸は時計回りで回ることにして(そういえば、モーターボートで回った河口湖以外はすべて時計回りでした!)、ほどよい駐車場所がないのですが、まずは道路脇に車を置いて数枚。

Img_8458

なんとか日没に間に合った、いえ、ちょうどよい時刻になったという方が正しいでしょうか。なにせ、ダイヤモンド富士の湖ですから。

続きを読む "富士五湖の旅(5)・・・黄昏の山中湖" »

2016/04/24

富士五湖の旅(4)・・・湖上の河口湖

国道から再び北へ下って道の駅かつやまに来ます。

20160330_152605

ここの名物で「イトリキカレー」というのがあり、売店のおばさんに聞くと糸井重里絶賛の味だそう。次回食べてみたいと思います。


20160330_152703

河口湖は目の前なのですが、やはり湖の向こうに富士山のある写真が撮りたいということで、河口湖大橋を渡って向こう側に行きます。

続きを読む "富士五湖の旅(4)・・・湖上の河口湖" »

2016/04/23

富士五湖の旅(3)・・・西湖と青木ヶ原樹海、溶岩樹形

精進湖から国道139号線に戻り、西湖に向かいます。

20160330_134902

青木ヶ原樹海に突入したようです。

国道から斜めに別れ、湖岸への道を進みます。国道はだいたい標高800~1000mくらいに同心円を描いており、五湖はそこから少しだけ低いところというイメージです。


P1210605

西湖。静かです。夏は賑やかなのかもしれません。

続きを読む "富士五湖の旅(3)・・・西湖と青木ヶ原樹海、溶岩樹形" »

2016/04/21

富士五湖の旅(2)・・・本栖湖・精進湖と白糸の滝

十谷温泉の翌朝は、閉館したと思っていた道の駅が復活していることに気づき、少し戻って寄っていくことにしました。道の駅「みのぶ富士川観光センター」です。

20160330_103213

前日も通ったのですが国道から見えなかったためスルーしていました。残念ながら休館日ですが、車から降りてみます。

20160330_103402

広いバラ園と切り絵工芸館があり、前日に気づかなかったのが悔やまれます。


続きを読む "富士五湖の旅(2)・・・本栖湖・精進湖と白糸の滝" »

2016/04/18

富士五湖の旅(1)・・・十谷温泉源氏の湯

Mさんとの秘湯の旅、今回は富士山の北側を巡ることにしました。年度末を1日だけ残した3月の終わりです。新東名を新清水で下り、国道52号線を北上します。身延線沿いですね。

20160329_150330

清水と甲府を結ぶ中部横断自動車道の工事が進んでいます。


20160329_152824

途中、桜がたくさん咲いているところを発見。

20160329_151103


続きを読む "富士五湖の旅(1)・・・十谷温泉源氏の湯" »

« 2016年2月 | トップページ | 2016年5月 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ