« 富士五湖の旅(2)・・・本栖湖・精進湖と白糸の滝 | トップページ | 富士五湖の旅(4)・・・湖上の河口湖 »

2016/04/23

富士五湖の旅(3)・・・西湖と青木ヶ原樹海、溶岩樹形

精進湖から国道139号線に戻り、西湖に向かいます。

20160330_134902

青木ヶ原樹海に突入したようです。

国道から斜めに別れ、湖岸への道を進みます。国道はだいたい標高800~1000mくらいに同心円を描いており、五湖はそこから少しだけ低いところというイメージです。


P1210605

西湖。静かです。夏は賑やかなのかもしれません。

そのまま東に進めば河口湖だったと後から知りますが、湖岸を一周するように国道に戻り、富岳風穴、鳴沢氷穴を横目で見て道の駅なるさわに入ります。


Img_8415

目の前に富士山を見ながらのランチ。ここ、JAがやってるからかもしれませんが、安いです。もう2時ですもの。

実は先ほど、青木ヶ原樹海への道を確認していました。

20160330_140856

ここを進めば遊歩道です。いつか歩いてみたいものです。普通にGPSも働くようです。

道の駅を出てすぐに「溶岩樹形」があり、予定していたわけではないですが車を降ります。

Setsumei

富士山が爆発して溶岩が流れてきたとき、そこにあった木が燃え尽きるのと溶岩が冷えるのが同じ頃なら、木の形に溶岩がくりぬかれた形になります。木の生えていた向きにより、穴の向きもいろいろです。


20160330_145700


20160330_150131


20160330_150422

これは斜めですね。


20160330_150434

これは立っていたのでしょう。木の肌の様子もわかります。

ちなみに青木ヶ原樹海はこういう溶岩が冷えた後、苔が生えては土になりした後にできたわずかな表土に生えた木々でできた若い森らしいです。


P1210620

西湖のバスを追いかけて、道の駅かつやまに来ます。

« 富士五湖の旅(2)・・・本栖湖・精進湖と白糸の滝 | トップページ | 富士五湖の旅(4)・・・湖上の河口湖 »

エコ、地球」カテゴリの記事

世界遺産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/63523253

この記事へのトラックバック一覧です: 富士五湖の旅(3)・・・西湖と青木ヶ原樹海、溶岩樹形:

« 富士五湖の旅(2)・・・本栖湖・精進湖と白糸の滝 | トップページ | 富士五湖の旅(4)・・・湖上の河口湖 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ