« 琵琶湖疏水をたどる(2)・・・山科疏水 | トップページ | 琵琶湖疏水(4)・・・疏水分線 »

2017/01/01

琵琶湖疏水をたどる(3)・・・蹴上

第三トンネル出口は、九条山ポンプ室の奥ですが、近寄れないので何となくの写真しかありません。

20161113_095605

扁額の看板だけはありました。


Photo


この写真は日向神社の参道にある橋の上から撮っていますが、橋の反対側はインクラインです。

20161113_095623

水のあるのはそこまでで、それから先は線路に船を乗せて運んだのです。

またここでは後から作られた第二疏水(琵琶湖からここまですべてトンネルです)の合流トンネルもあります。

20161113_094944

扁額は、「藉水利資人口」(すいりをかりてじんこうをたすく)で、田邊朔郎の書です。

放水施設もあり、人がいて何か作業をしていました。


20161113_094441


20161113_094614

向こうに見えるは蹴上発電所。

Img_1005

疏水の工事を進めた、田辺朔郎。なかなかイケメンです。そして若い。


20161113_094722

インクラインを下りていきます。
20161113_095344

脇にある建物や構造物もなにか謂われがありそうです。

20161113_101201


20161113_101259


20161113_101334

これが十石船を積んだ様子ですね。


20161113_101434

前夜泊まった八千代の敷地もここに接しています。

20161113_101752

インクラインの果てはまた水の中に。

Img_0980

ところでインクラインはこんな勾配が故に設置されたものです。


20161113_092708

途中に下を横切る道路のためのトンネルがあり、煉瓦の積み方から「ねじりまんぽ」と呼ばれています。


20161113_093338


20161113_093443

煉瓦が斜めなので、ぎざぎざの模様になっていますね。


20161113_093431


« 琵琶湖疏水をたどる(2)・・・山科疏水 | トップページ | 琵琶湖疏水(4)・・・疏水分線 »

建造物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/64702956

この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶湖疏水をたどる(3)・・・蹴上:

« 琵琶湖疏水をたどる(2)・・・山科疏水 | トップページ | 琵琶湖疏水(4)・・・疏水分線 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ