« 犬吠山と小富士(2)・・・小富士 | トップページ | 金時山 »

2019/01/01

寧比曽岳

寧比曽岳は旧足助町の東端にある、旧足助町最高峰(標高1120.6m)。この山に毎年登るというOさんのお誘いで昨年1月3日と12月30日、一緒に登った。
起点は大多賀峠。ここに20台ほど駐められそうな駐車スペースがあり、1月には雪もあった。

Dsc_1698

東海自然歩道にありがちな階段でいきなり高度を上げていくと、「亀の甲岩」に出会う。


Img_9707

2匹の亀が遊んでいるよう。

さらに進むと第一の休憩所。テーブルとベンチがあり、道標には寒暖計がつけてある。


Dsc_1702

マイナス3度とかである。さらに進んで尾根らしい道になると風が冷たい。


Img_9683


Cimg0010

笹が出てくると、少し先が第二の休憩所で、さらに進めば頂上。

Dsc_1718

東屋付近からは、南アルプスと富士山が見える。

Dsc_1708

Img_6552

なんとなく真ん中の白く頭を出しているのが富士山。

Img_6554
光るのは三河湾。

三角点。
Img_9710


Img_9709

1月の時は霧氷の世界で素晴らしかった。

Dsc_1706

タワーズも見えている。


寒いのでおにぎりはもそもそになってしまう。水分の少ないものがよろしいようで。


Img_6560

ペットボトル内に氷ができた。


Img_6561

コース全体図。

Img_9698

アフターはどんぐりの湯。1月より12月の方が雪は少なかったのに、道の駅の水車は12月の方が凍りまくり。なぜなんだろう。


Dsc_1729


Img_6564


« 犬吠山と小富士(2)・・・小富士 | トップページ | 金時山 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54873/67543531

この記事へのトラックバック一覧です: 寧比曽岳:

« 犬吠山と小富士(2)・・・小富士 | トップページ | 金時山 »

ブログパーツ

  • COUNT FROM 2005/4/15
  • サイト内検索
無料ブログはココログ