« 白山ホワイトロードから三方岩山 | トップページ | 子の泊山 »

2019/12/30

高賀山(峯稚児神社まで)

2017年10月、またまた美濃の山中で縄文の天文台を見てきました。

そう、私は縄文人の作ったかもしれない「磐座」にたいへん興味があり

金山巨石群を深く愛しています。


さて、それは高賀信仰の高賀山登山道にあります。
トラックログの「岩屋」がそれで、ここも太陽高度に石の角度を合わせています。縄文人はやはり宇宙人だったのかな。

Img_7149

実は高賀岩屋を見たのは予期せずで、スタートはあくまで登山でしたが、これまでにないくらい脚が棒になりました。御坂峠でその予感がしたのと雨が落ちてきたのと、林道を見て気が抜けたのとで頂上は踏まずじまい。でも、円空も行ったと思う「峯稚児神社」までは行きました。板取川源流の音をいっぱい聴きました。
洞戸が彼の最期の地だったとは知りませんでした。虐待されるアイヌを見たのが円空仏の発端だったとも。

さて、話を戻して、登山口はこんな感じ。

Img_7106

登山道は、後から見たものによると初心者向き楽々なんてありましたが、

実際は岩がゴロゴロ。

Img_7109

けっこう荒れてるような・・・

Img_7108

Img_7114

で、ここでもう断念です。

Img_7113

車道が見えていたりして、あと少しなんですけど。

我ながらふがいないんですけど。

でも今回は撤収です。

帰り道、さっきの磐座をじっくり調査。

Img_7086

Img_7090

Img_7087

これだけでこの日は充分でした。

« 白山ホワイトロードから三方岩山 | トップページ | 子の泊山 »

」カテゴリの記事

建造物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 白山ホワイトロードから三方岩山 | トップページ | 子の泊山 »

ブログパーツ



無料ブログはココログ